胃炎の原因と症状

急性胃炎と慢性胃炎

胃が痛くなることで知られる胃炎ですが、よく知られている通り、慢性胃炎と急性胃炎の2パターンがあります。

胃炎の原因というのは、胃の内壁を保護する粘膜に炎症が起こっている状態だといえます。

急性の胃炎というのは、はっきりとした原因が判明することが多いのが特徴で、体の内部に原因がある内因性と外部から影響を受ける外因性のものがあります。

一方、慢性的に起こる胃炎については、原因の特定が非常に困難だということが特徴として挙げることができます。

胃の内側に慢性的な炎症が起こり、2種類のパターンに分かれます。

1種類目の症状は、特発性慢性胃炎と呼ばれているもので、胃粘膜の部分に炎症しか生じないケースです。2番目の胃炎種類として挙げられるのは「随伴性慢性胃炎」というタイプの胃炎で、胃潰瘍や腫瘍などに伴って胃の炎症が起こる症状です。

脱毛の人気ランキング
満足度が高く、口コミでも評判の脱毛エステを総合的に評価してランキング形式で紹介しています。